本文へジャンプ

BILL HOUSE



CB750、Z2、Z400FX等々
生産されてから30年近く経ってもまだまだ魅力的なバイク達
当社では、こういった絶版車、旧車の復元塗装(グラフィック作成も含めて)を行っております

下地処理から調色、塗装、仕上げまで完璧な物を目指しております
Z750RS(火の玉カラー)
(作業について)
Gタンクは塗膜はく離後塗装
オレンジ、ブラウン共キャンディカラー

塗装金額 ¥65000(参考価格)
CB750FB(キャンディレッド)
(作業について)
Gタンクは塗膜はく離後塗装
グラフィックはペイントで作成
エンブレムも作成

塗装金額 ¥70000(参考価格)
旧車塗装(レストア)部

当社では下地処理を、まず第一の重要用件ととらえ、タンク等スチールパーツは全て、はく離剤(リムーバー)ではく離しております。プラスチックパーツについてもできる限り下地までだすようにしております。
スチールパーツについては、はく離後サンドブラスト処理を表、裏共に施しサビ等を完全に除去します。
その後、塗装(調色)工程に入る事になりますが、当社では出来る限り、当時の純正色を再現すべく、メタリックベースの粒子、原色(キャンディ)の色あし、方向性を吟味し、それぞれの塗色に合ったメーカーの塗料を選別し調色をしております(ROCK、ISAMU、デュポン)
上塗りのクリヤーに関しても現在市販されている中で、レベリング(肌のび)、耐候性等最も優れたクリヤーを使用しております。ステッカーも当時の部品から型取りして当社で作成、ペイントで再現しております
塗装後の乾燥は多少のセッティング時間の後、温度設定式乾燥室で40〜50℃の低温焼付でじっくりと芯から乾燥させます
最終仕上げのポリッシュ工程は3種類のコンパウンド(細目、極細目、超微粒子)とペーパーがけで、平滑な鏡面仕上げを施し完成となります


職人のこだわり

 
MOTORCYCLE PAINTING PRO FACTORY